ターゲットのセグメントが重要

ターゲットのセグメントが重要

ターゲットのセグメントが重要 DMを発送するときに重要なのが誰に送るかと言うことです。
不特定多数に送って結果を得ることもできますが、あまりに効率が悪い方法です。
かけたコスト分の回収すらできないかもしれません。それではやらないほうが良かったということになってしまいます。
そうならないためには、セグメントによる特定をすることが重要です。

DMは数が増えればそれだけコストが増えてしまいます。
レスポンスとの損益分岐点を考えて、どれぐらいの発送であれば無駄にならないかを検討します。
その量で送ることができる対象として、最も効果が高そうな対象を考え出します。
それがセグメントによる発送対象の特定です。
例えば年齢や性別、地域などの分け方でもかまいません。
それ以外にもある特定の製品を利用している人や過去に苦情を受けた人など、より詳細な分類であれば更に効果の測定がしやすくなります。
結果として、何が購入動機になるかを考えて、その動機を持っていそうな人を選別します。

DM送付時にはある程度ターゲットを絞るのがよい

DM送付時にはある程度ターゲットを絞るのがよい DM送付時には、少なくともある程度はターゲットを絞ることが適切です。
これはその性質から考えると明らかでしょう。
DMとは基本的には同じ文面で非常に多くの人に一斉に発送するものです。
同じ文面である以上、対象とする顧客の層が異なるとちぐはぐなマーケティングになってしまうことが十分に考えられるからです。
これを避けるために、顧客の層ごとに適した内容にして個別対応しようとすると、それだけ作業量も増えてしまい、大量にまとめて処理できることでコストダウンを図れることの良さが失われてしまいます。
このような理由から、各回の発送においては対象とする顧客層をはっきりと決め、その層に対して適切な文面、内容としたものを発送することが適切なわけです。
もちろん、会社によっては多くの顧客層がおり、それぞれに重要である場合もあるでしょう。
そういう場合は一斉にやろうとするよりも時期をずらすなどしたほうが業務としては効率的に行えます。

新着情報

◎2021/11/1

情報を更新しました。
>魅力的なDMにするためにはどうすればいいのか
>DMを出す際に知っておきたい料金知識とは。
>DMを作製するのであれば費用対効果を考えることが大事
>DMは今後もマーケティングツールとして使えるのか
>DMは商品の宣伝が効果的に行えるビジネスに役立つツール

◎2021/5/27

DMはソフトを使って効率的に作成
の情報を更新しました。

◎2021/2/14

ターゲットのセグメントが重要
の情報を更新しました。

◎2021/1/31

サイト公開しました

「DM ターゲット」
に関連するツイート
Twitter

集客学ぼ。押す集客いつまでやる? インスタでも押す集客は自分を追い込むだけって言う投稿してるのにDMでテンプレート送ってくる人。そんなに自分で自分を追い込む努力しなくても集客はできる。僕も経験したから言える。押さなくても集客はできる。ターゲットを絞り、悩みを解決する発信をしていこ

スマイルゼミの案内が届いた。きっと「30代の女性」ってだけで配送してるんだろうけど、

返信先:そうなんですね…😭本当に、ネット上だと相手の顔もどんな人なのかもわからないし…怖いですね…😭💦 ターゲットを変えたのかどうかもはっきりわからないのがまた不安ですね…😭😭😭 あっ!!何かあればいつでもDMください!!🥰🥰🥰

返信先:「それじゃあ……、読ませるのなら本当に子供がメインターゲットの小説になるな。大人が読んでも面白い児童文学を教えてあげよう。私もたまに読み返すくらいさ。おいで(再び図書館の方へ歩き出し)」 (移動もかねてDMいかがですか?)

チラシで大量投函より、ターゲットを絞って郵便物でDMを送った方が効果があるかもしれません。なぜならチラシの無差別配布はかえって、すぐに捨てられて無駄です。検索に表示するPPC広告と同じで見込み客を狙いましょう。